貴の岩「わかってるよな?かわいがってやるからな」モッコリ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1風吹けば名無し2018/12/07(金) 14:23:50.64ID:sjEMWbiFa
あっ……(察し)

2風吹けば名無し2018/12/07(金) 14:24:16.81ID:Q4k5xN5+0
くん…

3風吹けば名無し2018/12/07(金) 14:25:40.63ID:UOSeSr0Z0
「マル、コマしたれ」
 親方がいうと、武蔵丸は稽古廻しの横から一物を取り出した。
 ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、>>1はぶるっと震えた。
 しかし、その恐怖とは裏腹に――いや、>>1にとってはその恐怖こそが色欲を沸き立たせるものだったのかもしれないが――>>1の花らっきょうのような小振りの一物は痛い程にそそり立っていた。
 その「花らっきょう」の皮を武双山が唇でちゅるんと器用に剥く。
 武双山の口中にアンモニア臭が広がる
 そして、武蔵丸の一尺竿が>>1の菊門にねじり込まれていく……。
 四人総体重600kgを超えるド迫力の4Pファック。
まだ、幕が開いたにすぎない。
 悦楽は、ここから始まる。夜はまだ終わらない……。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています