俺「くそう童貞捨てたい…」?「いいよ…」俺「この声は台所から!?」ガラ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:11:47.82ID:CGeee45f0
ペットボトル娘「いいよ……私、俺君なら……」

俺「お前はペットボトル娘」

ペットボトル娘「俺君の初めて、もらってあげたい……」

俺「…………」ゴクリ

俺「でもお前、こんなに小さい穴じゃあ……」

俺「お前が壊れちまうぞ……」

ペットボトル娘「いいの、私なんてどうせお茶入れて再利用されても、すぐに色が変わって捨てられる手だから……」

俺「……ペットボトル娘」

ペットボトル娘「俺君が壊してくれるのなら、私幸せだなぁ……。ねぇ、お願い。私を……最期に、女にして……」

俺「でも……お前、俺なんかで……」

ペットボトル娘「……あんな強引にファーストキス奪っといて、今更そんなこと言うの……?」

俺「ち、違うんだ! あれはそんなつもりじゃ……!」

2風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:11:57.00ID:CGeee45f0
俺「入れるぞ……ペットボトル娘」

ペットボトル娘「…………」

俺「……いいのか?」

ペットボトル娘「……」コクッ

俺「…………」グイッ

ペットボトル娘「……ああっ!」

俺「…………」グイッグイッ

ペットボトル娘「あああああっ!」

俺「…………」グググ

ペットボトル娘「ああああああああっ!」

俺「駄目だ……鬼頭の先端しか入らない……」

ペットボトル娘「…………」ハァハァ

3風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:11:59.36ID:5PwDCpUOd
その話は昨日結論出たやん

4風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:12:14.66ID:CGeee45f0
俺「やっぱりだめだよペットボトル娘……こんな関係になっちゃあいけないんだ」

俺「それに俺、なんだかすごく嫌な予感がするんだ」

ペットボトル娘「……今更」ハァハァ

俺「え?」

ペットボトル娘「今更、そんなこと言うの……」

俺「……でも」

ペットボトル娘「知ってるよ……俺君、これが終わったら、私を捨てるんでしょ?」

俺「ち、ちが! 俺は……俺は……!」

ペットボトル娘「……じゃあ、使えるの? 私を、水筒代わりに……」

俺「!?」

ペットボトル娘「……いいよ、覚悟してたもの。でもね、お願い」

ペットボトル娘「最期に、最期に俺君に抱かれたいの……」ギュッ

俺「!!」

俺「わかった……わかった……」ボロボロ

5風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:12:22.86ID:CGeee45f0
俺「谷涼子谷亮子谷亮子……」ブツブツ

ペットボトル娘「……大丈夫?」

俺「声を掛けないでくれ……目も瞑る……」

俺「無心に谷亮子のことだけを考えれば、行ける……。萎えた状態なら、入るはずなんだ……」

ペットボトル娘「…………」

ペットボトル娘「なんだか、ちょっと寂しいかな」

俺「…………」

ペットボトル娘「いいの、ごめん……。忘れて」

俺(すまない……すまない……)

俺(谷亮子……谷亮子……)

6風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:12:23.29ID:Ua83u6cad
>>3
ダッサw

7風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:13:12.75ID:CGeee45f0
俺「行けるッ!」ババッ

ペットボトル「――ッ! ――ッ!」

俺(だ、駄目だ……もう少しなのに! もう少しなのに!)グニッグニッ

俺(あと一歩が届かない!)

俺(いや……血の巡っていない今ならば、押し込める!)

俺(押せっ! 押せっ! 押せっ!!)

俺(通れ! 通れ! 通れ!)グニニニニ

ペットボトル「――ッ! ――ッ!」

俺(頼む……! 奇跡、起きてくれ……! こんな人生だったんだ……せめて一度くらいは、いい夢を見せてくれよ……!)ボロボロ

8風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:13:13.85ID:qLxGLhDv0
何か心に闇を抱えているのかい?

9風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:13:29.89ID:CGeee45f0
俺(駄目だ……これ以上は、勃起する……)グギュギュギュギュウ

俺「このコンマ一秒が、最後のチャンスッ!」ギュギュギュギュギュ

俺「――!」

ペットボトル娘「ッ、ァッ!」ビクン

俺「入った……入った……!」

俺「入ったぞ……ペットボトル娘……。俺達今、結ばれてる……」

俺「動くぞ! ペットボトル娘!」

ペットボトル娘「――ッ、ア! んあ、ああああああっ!」

10風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:13:49.31ID:CGeee45f0
俺「くっ! 駄目だ! ペットボトル娘……お前の声聞いたら、俺……」ムクムク

俺「え…………?」メキメキメキ

俺「あ、あああっ! ああああぁぁぁあぁぁぁぁっ!」

俺「熱い、痛い……熱いいいいっ!」

俺「なのに、なのに勃起が止まらねぇ!!」グググググ

俺「駄目だ……俺のアソコが、破裂寸前のポンプみたいに変形してる」ガタガタ

俺(こんな形になるものなのか……。こんな、こんな……ここで俺、死ぬのか?)

11風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:14:09.38ID:CGeee45f0
俺「ペ、ペットボトル娘! 助けてくれ、ペットボトル娘えええっ!」

ペットボトル娘「――めんね」

俺「……?」

ペットボトル娘「ごめんね」

俺「お前まさかっ! 最初から……!」


ペットボトル娘「ごめんね……俺君。一緒に死んで?」ギュウッ

俺「ペットボトル娘ぇぇぇぇぇっ!!」

12風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:14:44.73ID:hasbCxZH0
流れ変わったな

13風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:14:51.11ID:Lah/RwIg0
お前に親はいるか?

14風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:15:33.59ID:CGeee45f0
俺「谷亮子! 谷亮子っ! 谷亮子! 涼子! りょうこおおおっ!」グイグイグイグイ

俺「駄目だ! 頭がつっかえちまう! 駄目だ!」ボロボロ

俺「破裂するっ! もう破裂してしまう……!」

俺「カ、カッターで口を切って外せば……い、いや無理だ! 絶対ち○こを切っちまう!」

俺「……チ、ち○この太い血管を切れば、止まるんじゃ……」ググッ

俺「だ、駄目だ! そんな覚悟できるわけがねぇ!」ガランッ

15風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:15:54.19ID:jXcLwO1u0
>>13
そらおるやろ
誰から産まれたねん

16風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:16:00.05ID:f0RwFkAV0
萎えててもあの径は入らんンゴ

17風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:16:07.89ID:b73RMvU70
どうすんのこれ

18風吹けば名無し2020/11/22(日) 11:16:20.00ID:CGeee45f0
俺「そ、そうだ、温めれば抜けるはずだ! 風呂場へっ!」ダッ

ペットボトル娘「もう、諦めようよ?」グイッ

俺「うるせぇぇっ!」バッ

ガンッ
ドンッガンッ

俺「……今はこの程度の痛み、気にならねぇ」ハァハァ

ペットボトル娘「…………」

19【B:78 W:85 H:97 (A cup) 156 cm age:36】 2020/11/22(日) 11:16:25.57ID:Qu25bCz40
これ実話?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています