斎藤佑樹「2か月ぶりのチャンスを逃して悔しい。今後どうやっていけばいいのだろう」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1風吹けば名無し2018/06/13(水) 16:49:05.10ID:ECoZgnWA0
 そんな中、ようやく訪れた一軍での先発チャンス。それだけに降板直後はベンチ内でぼうぜんとした表情で目を潤ませた。

 試合後、斎藤は「2か月ぶりのチャンスでしたからね…」と力ない声を漏らすと「すごい悔しいのはもちろん、いろいろなことが頭の中を巡っていました」と、降板直後のベンチでの心境を吐露。
また「試合の反省と、今後自分はどういう投手としてやってけばいいのだろう、と…」と理想の投手像を見失いかけている現状も告白。それでも「またどこかでチームの優勝のための戦力になれるように、もう一度調整するしかないです」と、力を振り絞って決意を口にした。

 それにしても「いろいろなこと」とは何なのか。まさかこれが“最後の登板”になってしまうのか。
降板直後に斎藤が流した涙と併せ、あまりの動揺ぶりから周囲では「心が折れてしまったのでは」などと心配の声が上がったほどだが、斎藤は本紙の直撃にベンチで流した涙の意味を「あれは目薬です」と笑いながら一蹴した。

 果たして本当に「目薬」だったのか…。今季は「ラストチャンス」と意気込んで臨んだ勝負の8年目。斎藤の今後の動向から目が離せなくなってきた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000052-tospoweb-base

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています